ブログトップ

逆光

atk1.exblog.jp

カテゴリ:Unicycle( 7 )

かっこいい

e0023872_0533625.jpg

Via ♪ride,don't walk♪
[PR]
by atkdesign | 2009-08-07 00:57 | Unicycle

一輪車、再び。(再うp)

SK氏よりご紹介頂いたTV番組をみなさんにも。
一輪車でブータン王国を横断する話です。旅情や一輪車のライディングスキルの他にもいくつか感銘を受ける点がありました。

●一輪車は旅ツールとして案外面白いだろうなぁという発見。
●ローインパクトな乗り物としてすぐれているのだなぁという発見。
●近所の里山でもすぐ「史上初!」てことでエバれるかもしれんという邪念。

e0023872_21301129.jpg
e0023872_21302487.jpg
e0023872_21303788.jpg
e0023872_21313010.jpg
e0023872_21314785.jpg
e0023872_2132055.jpg
e0023872_21321256.jpg
e0023872_21322425.jpg
e0023872_21325025.jpg
e0023872_2133211.jpg

前回うっかり盛り上がってしまった諸氏はスポヲツの秋と言うこともあるので、しゃねっぷりせずにお稽古を再開のこと。(え、俺?当然バンビです!)
DVDが見たい方はコメント頂ければそれなりの拠点にナニをアレする心持ちです。

今回ご協力頂いたSK氏に深く感謝致します。(おかげでスネに青タンがー!)
番組名:地球ドラマチック 〜一輪車でブータン横断〜
制作:Outside Television カナダ 2002 (日本語吹き替え)

<追記>
上記番組がもしかして見れるかもしれない素敵なお店紹介
トレックフィールド
二輪工房佐藤

youtubeダイジェスト版がありました!(でもフルがおすすめです)
[PR]
by atkdesign | 2007-10-02 16:00 | Unicycle

Unicycle day3

昨日に引き続き玄関前で繰り返しRide.手摺には指で触れる程度でなるべく長い距離・時間を漕ぐように練習。クランク1回転(1m)ぐらい走行できたがばらつきあり、とにかく繰り返す。
荷重は9割シートに預けて1割はペダリング、上半身はバランスを取ることに専念。気合いが入り過ぎて股間が痛くなってきたので終了。

余談だが「山崎vsモリマン」には学ぶものがある。
[PR]
by atkdesign | 2006-08-13 23:28 | Unicycle

Unicycle day2

早朝に30分、夕方に30分ほどRide.乗り越しの復習から入り姿勢に留意しつつ手摺への依存を弱めつつ繰り返す。俺は今、成長期にあり伸び盛りだ、この勢いを止めてはならない。
やがてくる安定期〜停滞期〜衰退期を見越してちょい無理めにプッシュすべきだろう。

夕方、近所で盆踊りのお囃子が聞こえる頃に練習再開。ついにお隣の住人に目撃されしばし談笑、床に点々と汗を飛び散らせながらさながらアスリート、脇目も振らず恥も外聞もなくひたすら打ち込むがいまだヨチヨチ、でもこの調子でがんばれば乗れるような気がしてきたよ。

車体はやや前に傾け上体は反り気味で前へ、ペダルは土踏まずより肉球あたりで踏むのがよりセンシティブ。漕ぐ際は両膝を内側にやや絞り込むようにすると方向性が安定。
調子こいてたらば後方へダイブ、危うく後頭部から脳漿を飛び散らせるとこだった。死後とびちり君とかあだ名されるのはいや。
[PR]
by atkdesign | 2006-08-12 20:24 | Unicycle

Unicycle Day1

昨晩着荷したMiyata Flamingoさくっと組み上げ本日よりRide.
オーナー様の寵愛を完全拒否。超シビアなバランスを要求するツンデレサイクル、調教しがいがあるってモンだぜ。
まずは乗り越し きき脚を前にペダルヘ下死点よりちょい手前、後ろからサドルに乗りながらちょい踏み込むと人車は直立する。すかさず前へ降りる。これを繰り返してバランス軸を探す。
恐いとへっぴり腰になり骨盤が前に寝る、すると人車がくの字になり後ろへすっぽ抜ける感じ、まるで乗れる気がしねぇ。
気を取り直し目線を遠くに投げると骨盤が立つので目線が高くなるが堪える。わずかな修正でバランスが戻ることを発見ニヤリ。
自宅マンソン玄関よりお隣さんまで5m手摺につかまりつつ10cmづつ微速前進約10本。よちよち歩きの子供もこんなふうにがんばるんだろうか。
うっすら汗かきつつ小休止、暫くしてから再開今度は非常階段から所々手摺なし区間ありのなか微速ながらほんの少しずつ手摺への依存を弱めるように努力しつつ約5本。うむ、成長した。しかしまだおんも(外界)デビューはできぬ、どうやら調教されているのは俺のほうだ。
[PR]
by atkdesign | 2006-08-11 18:03 | Unicycle

来るか?プチブーム

以前のエントリより火がついた?一輪車の件、とうとう現物が着荷してきて各方面から怯えた叫びと失笑が漏れ聞こえてまいりましたよ。

e0023872_694128.jpgまずは先陣を切ってトライ中のsedado氏、ぬぅぅ、習熟が進み過ぎだ、邪魔しなきゃ。シュガーも早く参戦してほしい。
俺は昨日トレークにてマックスチャレンジャーメヒコ号にファーストコンタクト、MCライダーとしての矜持を脆くも瓦解させる小難しさ、予想通りシビアな乗り物だ。

ここだけの話、今のところ、まだ手摺から一瞬しか手が離せない上に10cm位しか進めん。たゆまぬ練習が吉であろう、なんにせよ、新しいことに挑戦しているときはなんだか気持ちがよろしい、自在に操れるようになった暁にはMCのライディングに何かしらの好影響がもたらされることを祈念しつつ、こっそり盛り上がることにしよう。

YOUTUBEで"unicycle"でサーチすると参考映像?がたくさんあるよ。
その中で車輪の両軸上にステップのみの乗り物が一瞬映ってたんだ、しばらくは見なかったことにしておきたい。

現時点で気づいたこと
・補助輪は不要(矜持の問題もあるがまぁいらんだろ)
・利き足前の平行ペダルで前後にペダリングしながらバランス軸を探す
・背筋を伸ばして視線は遠くに、ハンドルとブレーキは手を添える程度
・バランスがとれる姿勢でサドルが平行になるようにセットする(変化するかも)
[PR]
by atkdesign | 2006-07-23 06:48 | Unicycle

Various Vehicles

e0023872_20572591.jpg最近気になっている乗り物がある、一輪車である。Surlyというメーカーの2006カタログをにりんくんにもらったわけですが、これがなかなか読ませる文章でね、グッドジョブな翻訳と相まって、引き込まれます。(以下カタログより引用)
ーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ一輪車に乗りたくなるのでしょうか?二輪車に乗る方がおそらくより簡単で速いにも関わらず一輪車に乗る・・そこには多くの理由があります。幾つかを挙げると、

1)一輪車に乗ることで学ぶ純粋な挑戦や満足感はとても嬉しいものです。一度でも独力で3メートル走れる達成感を味わうと、あなたはすぐに5メートル、10メートル、そして30メートルとその距離を伸ばしたくなり、隣近所を走り回るまでに至るでしょう。そして程なくあなたの目標はメートルからキロに単位が置き換わるはずです。そして身体が一輪車の乗り方を一旦覚えるとその技術は何故か二度と忘れることはありません。

2)一輪車は素晴らしいエクササイズになります。固有のバランス要素がつぎ込まれる為に一輪車は二輪車よりより多くの筋肉を使います。町中やお気に入りのシングルトラックで一輪車を漕ぐ事はあなたにとって最高の運動になることでしょう。

3)一輪車は携帯に優れます。最も重いモノでも8kgを超えることはないのです。何も部品をはずすことなく車に積むことが出来ますし、うまくパッキングすれば超過料金を取られることなく空の旅に持ち運べるのです。

4)概して一輪車は沢山の装備を必要としません。それゆえ同じグレードのコンポーネントで組み上げても二輪車より安く上がります。

5)一輪車はあなたが取り組む他の色んなスポーツの能力を向上させるのに役立ってくれます。一輪車の上で過ごす時間があなたのバランス感覚や整合性を改善してくれるのです。上達したコントロールの技術はバイクやスノーボード、スキー、スケートその他の運動で生かされるはずです。

あらゆる可能性を固定観念にとらわれずに無心に見つめれば、一輪車に乗ることが決してジャグラーや曲芸師、ピエロだけでなく全ての人に向けられたモノであることに気付くはずです。

一輪車乗りはあらゆる年齢層、あらゆる社会、経済、人種のバックグラウンドを持った幅広いユーザーに支持されています。殆どの一輪車乗りは近所をクルーズするための足として使われます。しかし中には地球旅行に一輪車で出掛けたり、非常にテクニカルなオフロードで転がす人や、自転車乗りでも試みないような妙技を試みる人だっています。

一輪車は舗装路、ダート、岩場、そして雪上とあらゆる場所で乗られています。自転車乗りによって開拓されたあらゆる種類の地形やトレイルは一輪車乗りをも魅了したのです。そんな意味で、Surlyの各フレームの特長であるファットタイヤの安定性と耐久性を備えたワンウィ-ラー(一輪車)をSurly が提案することは適格だと考えました。
(中略)
好奇心をそそられましたか?ぶっといタイヤを一輪でころころと転がしてやろうって気になってきましたか?何か新しい事をやってみたくなってきましたか?履いた車輪ひとつでころころと転がる様はどんな感じでしょうか?他の一輪車がたどり着けない場所に行ける一輪車が欲しくなりましたか?それならConundrumこそがあなたにぴったりの乗り物だと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうだろう、売らんがための惹句と言うより、檄文に近いと思うのは俺だけだろうか。これに流行りの「廃モノ」を組み合わせると新たな地平が見えるかも知れぬ。
乗れ得ぬまま棺桶に入るわけには行くまいて、のぅ?ライダー諸君。
PDF Download [6.3MB]
[PR]
by atkdesign | 2006-06-29 21:26 | Unicycle