ブログトップ

逆光

atk1.exblog.jp

カテゴリ:Recommend( 55 )

足裏

e0023872_19284470.jpg
愛用のランニングシューズのインソールがどうにも熱がこもってアンベ悪いんで、mont-bellのドラィワッホゥフッベッ購入。さっそく使ってみてあまりにアンベよろしいので利己面度。(変換ママbyことえり)
活動用だけでなしに、デイリーユースな靴にこそインストールしたらばどうかなと思います。ゲリラ豪雨に見舞われても、なんぼか快適な気がします。
[PR]
by atkdesign | 2010-08-06 19:43 | Recommend

示唆

誰もが一読すべきと思いリンク。>>>そんなこと訊かれても

昨晩は旧友と酒を少し飲み、最終電車に滑り込んだ
iPod Touchに堪ったフィードを流し読みしつつ、この記事と出会う.
あまりにおもしろくて危うく降り過ごすところだった。
[PR]
by atkdesign | 2010-01-09 10:48 | Recommend

しわーっす!

だれもが一読すべきだと思ったので紹介。
m-sai.net
[PR]
by atkdesign | 2009-12-02 10:59 | Recommend

おとひと Revisited

e0023872_21264546.jpg
齋正弘氏の「おとうさんのひとりごと」が再販されます。わーぱちぱちぱち〜
一冊1.000円で新たに4ページが追加され、表紙が21世紀的になるとのこと。
詳しくはm-sai.netへどうぞ。ご本人がiWebを駆使して更新しております、手に汗握る彼の普通な毎日をお楽しみください。

おとひとon the web のURLが変更になってます。>>>コチラ
おまけ:シティチャリトラwebsite>>>コチラ
[PR]
by atkdesign | 2009-09-13 21:33 | Recommend

古楽アンサンブルとな

e0023872_23345423.jpg
US Amazonから突如送られてきたCD、Riuichi Sakamoto + Danceries "the End of Asia"......どうあれ聞きたいんだが誤配送っぽいんで尼存蛇犯に問い合わせ、しかしマーケットプレイス商品のため、発送者と注文者のプライヴァシィはお答えできませんと。。。いやいやいや、んじゃどうすんのよと聞けば、注文者に問い合わせますので指示をしばらくお待ちください。いやいやいやいや、なんで俺が指示待ちになるんだよ!まんじりともせず数週間過ごしてると北乃変酋長よりメッセが「あ、アレ俺です」ちょっっ!!
プレゼントってことでマコトにアリガトゴゼマス。そういえばサントラのときに温泉の行き帰りのクルマん中でそんな話したっけな〜なんてうすら覚えですいませんでした。

古楽アンサンブルというジャンルはノーマークでしたね〜いや素晴らしいです!
リウイチ・サカモロもパーカッションやオルガンで演奏してるんですね〜独特の素朴な音色と旋律にしばし癒されました。勉強になります。北乃変酋長、ありがとうございました! 例により聞いてみたい人は挙手
ダンスリー ルネサンス合奏団
[PR]
by atkdesign | 2009-08-04 00:03 | Recommend

かわいい

e0023872_1938196.jpgメヒコ情報にてあくまでロバ目的で輪王寺を探訪。
まぁ待て落ち着け、その前に立派な日本庭園があるらしいじゃないか、しかも300円徴収するとな。植木職人だった頃を思い出しつつちょっくら拝見、なかなか見事な庭園ですが窮屈な印象、木々をもう少し工夫して小さく挟みたいところ、余白が少ない空間バランス。

本日はお茶会が開かれていた模様で和服のおねぃさんがちらほらと。夏色のお召し物がとても素敵。でも一席終えた後、座を崩して足を揉んでいる姿がかわいい。
池には立派なリアル錦鯉がうようよ、これはゲットンすべきでない。近づくと「餌くれよぅ、おぅ早くしろ」と押し合いへし合いいとキモかわいクナイ。
園内にはうぐいすの鳴き声が響き渡り、幸運にも木陰のうぐいすを発見、あの小さな身体からあの大きな鳴き声、美しい音色が奏でられるのか不思議、縄張りであろう園内を巡回する様がかわいい。

やっと一巡したのでいよいよロバ公エリアに近づくとものすごい勢いで鳴いている、発情期なんだろうか。小屋を見ると一匹近づいてきて横目で値踏みするように一瞥し、餌を所持してないと見るとプイッと裏庭へスタスタと、なるほど小憎らしい。奥になんともう一匹!お得な気分でしばし腰掛けて見入っていました。競走馬のような勇ましさはないけれど、犬ネコのようなへつらいもない、このロバ的なロバ感。かわいい。なんとなく感じ入るものが、あったようななかったような、そんなかわいい休日だったとさ。 picasa

その他メモ
●トレークとうちゃんが学生の頃参道脇に下宿していたそうで、その頃はぼろっちくて、山門にバイク突っ込んで止めていたとか。
●にりんくん情報によると代が変わってからこぎれいになってきて、いろいろな活動してるんだって。お寺の下にトンネルを掘る計画があるようです。
[PR]
by atkdesign | 2009-07-05 20:22 | Recommend

いまさら書評

e0023872_2104516.jpgロバと歩いた南米アンデス紀行
中山茂大 著 1998 ★★★★
あるポンコツ野郎が大学を休学しロバと南米方面を歩くルンペン旅日記。

ロバをゲットンするまでのくだりで引き込まれ、その後はやれ暑いだの寒いだの繰り返し、行く先々でどじょっこだのふなっこだの現れてストーリーをメイク。

ありきたりに思われましょうが、後になって効いてくるロバとのやりとり。あの懐かしき文字通り「青臭い」青年期の考え方とそのすべてが共感を誘い、ロバへの憧れと愛おしさで旅が終わるその様は胸を打ち、読後懐かしい汗と埃にまみれた寝袋にくるまるようなせつない心持ちにさせられる傑作。椎名誠も太鼓判。

惜しむらくは写真が少ない。一章ごとに一枚くらい貼ってくれても良かろうに。
きっと著者は絵心がない訳でもないが、どれも同じような写真だったんだろう、それもよく分かる。俺は今、猛烈にロバに会いたい衝動に駆られています。とりあえずココココ行ってこようかな。。触れ合えるのは後者かもしれん。だからなんだと言われても困るんだが。

読書はいつもおもしろエッセイやまめちしき系実用書が多かったんで、紀行文てずいぶんと久しぶりだった気がします。これを機にちょっと読んでみたいんで、あなたのお薦めあったら教えてケロ。
北の編集長、このたびは進呈頂きどうもありがとう、次に読みたい人いたら挙手。
[PR]
by atkdesign | 2009-07-02 21:50 | Recommend

てきとうエヴェントPICK UP

e0023872_2222033.jpg

4月下旬SUGO 09レークイ鑑賞会(昼食付)余興で男らしさを競うバイク投げ大会あり
恒例ばったりさん主催レークイ撮影会。今年はコスチウムの変更ありとのこと!
各自フルサイズHDクオリティ・ダイナミックレンジで充分リキんで望まれたい。

5月上旬SUGOの駐車場で豚汁食おうぜ!(余興でトライアルとエンデューロ的な遊びあり)
帰ってきた伝説のイベントが装いもそのままに何気なく開催!バイクを持ってくるとより楽しめる。
懐かしいキャラクターが勢揃いなので、豚汁食いながら世間話に花を咲かせよう。

5月中旬〜下旬原付二種ツーリング(予定)永遠のバイク少年が密かに集い、小規模に盛り上がるあくまで内輪のゲリラ的ツーリングイベント、そこに勝ち負けはない。でも旅のしおりは作る。

6月中旬白鷹町のねいちゃんにメルアドを聞きに行くついでにそばを食う会
(余興でおそらく日本で一番楽しくて美しいトレッキング的な遊びあり)

以上、ギャッコーよりてきとうにお伝えしました。
[PR]
by atkdesign | 2009-04-20 21:26 | Recommend

国宝 ポタライズ

e0023872_120040.jpg
我が国の遥か上空を不吉な飛翔体が通過された日にゃ祈りを捧げにポタらぬわけにはいくまい。
先だって立ち読みしたCASA Brutusの影響もあり、ちょっくら大崎八幡宮へ。境内には説明してくれるボランティアのじっちゃんがうろうろしてるので遠慮なく質問してみよう。嬉々としていろいろ教えてくれる。ありがたい、その上セキュリティも万全だな。まるで白雪姫の小人達のように鎮守の森を守っているかのようである。お参りしてすぐ踵を返すでなく、可能な限り回り込んだりしてディティールを鑑賞して欲しい。

ついでに三居沢方面にパトロヲル、昔TY50でトラ練したっけな。三居沢水力発電所は稼働中!明治時代の遺構で日本初の水力発電所なんだって。
ぶらぶらと街中に向けてポタっていると公園で植木市、再度メディアテークに立ち寄りいいちこ鑑賞、今日はCM映像と撮影小物に絞って休憩がてらまったりと。
暮れなずむ街を抜け二輪工房佐藤さんへ立ち寄り近況を交換。
けしからん飛翔体のおかげで色々なありがたさを確認したような一日。  picasa
[PR]
by atkdesign | 2009-04-06 02:10 | Recommend

iichikoのポスター展

e0023872_1853533.jpg
街の雑踏を急ぎ足で移動している最中でも、ふと歩みを緩めて鑑賞してしまうPOWER溢れるシリーズ広告のひとつ、「iichikoのポスターとデザインワーク展」がいつのまにか開催ちう。やっぱ大きな駅貼りポスターはどーんと迫るものがあり、連続して見られるのはレアではないかと。

浅井氏の写真撮りを始め優れたデザインワークはある意味一貫しており、引き込まれ魅了されます。また、ロゴ以外に特色が使われている作品があり、どこに使われているのか探したりして楽しめます。他にも紙の違いによるいわゆる魅せ方、久しぶりに紙媒体の良い仕事が見られて嬉しい。

ざっと見て回るとその茫漠たる流浪感、花は咲き乱れどその虚無感、詫び寂びに満ちた世界観に心ざわめき、観光地でない田舎の日だまりにくたびれて腰を下ろし、ふとこれまでを振り返り微妙な心持ちになった一瞬を切り取ったような写真が、なにやら深ぁぁい味わいを醸して胸にくるものあり。そこへビリー・バンバンが・・・たまりませんね、旅への誘惑が・・って商品はどこ行った??

余談ですが。
インターネッツのニュースで知り、大変分かりづらいsmtのサイトで期間をみると今週末のみとのこと、慌てて馳せ参じましたよ。会場には気合いの入りまくったスタッフ社員様の案内により入場、約25年間、約220枚は圧倒的なボリューム展示。もはや小さな中吊り広告と商品展示やら撮影小物までは目が行き渡らず、もったいないので明日も行こうかなと考え中。

キャプションが小さくて鑑賞距離からだと見えにくいですね〜せっかくロケ地を表示してるんだから大きくタノム。作品番号が大きく振ってあり、アンケート用紙を渡されたので人気投票でもやってんかと思えばそれはナシと。展示の一番先頭にある東京東北芸工大の楠元恭治教授学長(?)による檄文は一読の価値あり。

ところで商業広告としてどれだけクライアントに貢献しているんですかね、そこが知りたい。(売り上げ的な意味で)見に行けない人はコティラでガマンのこと>>>iichiko design

追記:駐車料金200円でひなびた世界旅行に行ってきたような気分になりました。
この度は貴重な展覧会をありがとうございました。
[PR]
by atkdesign | 2009-04-04 18:58 | Recommend