ブログトップ

逆光

atk1.exblog.jp

カテゴリ:Suggestion ( 22 )

毬栗

e0023872_19593275.jpg

暦は立秋を過ぎ、暑い中にも夕方にはわずかに日が短くなっていることを察知し、秋の気配を感じたり。
今日も森林公園を駆けていると毬栗を発見、たぶんこの秋一番であろう。

拾ってみてもちくちくしない柔らかさで、よくよく考えてみれば、これは種を落下の衝撃や鳥や虫から守るジャケットなんだな、毬栗はよく考えられたデザインなのかもしれません。

とかなんとか思ってるうちにルーティンの2周をさっくり終了、今日も公園の平和は保たれた、俺乙。
[PR]
by atkdesign | 2010-08-10 20:39 | Suggestion

ライディングの輪郭 1

e0023872_20481839.jpg

昨日Triduro Concept号(モーターサイクル)を売却しました.
SHOPでノーマルな姿に戻され、綺麗に仕上げられて、次の夢見る少年へ受け継がれるでしょう.
売却理由は老朽化と飽きかなぁ〜なんせ03ですから足掛け7年乗りましたもの、もういんでねがと。
バイクを買わない理由としては欲しいバイクが無いということ。
性能で追ってゆけば競技車両がベスト、でも最近あんまり競技とかやんないし。じゃぁトレール車っつーとやれ重いだなんだと不満百出は目に見えており、大枚はたく気がしません.
ということで、これまで26年間のバイク歴に初の所有空白期が訪れました。

これで駐輪場の不躾なママチャリをなぎ倒しながら出庫したり、帰ってきたらきたで止める場所がなくなったりしてて嫌な思いをしなくて済むと思うと清々した気分も無い訳ではない.
とはいえ欠落感は拭いきれず、季節も相まって薄ら寒い気分ではあります.
だがしかし、俺にはMTBがあり、これからは待ちに待ったスノーボーディングの季節でもある.
今更だがモーターサイクルはライディング・デバイスのひとつに過ぎないことに気がついた.

主語はあくまでライディングの愉悦にあり、デバイス(道具や装置)の違いや必要とされる様々なスキル構成はさておき、ライディングの愉悦に関する共通項について考えてみたい.
解明したところでなにもないけれど、ちょうど良い機会なのでっていう。 つづく
[PR]
by atkdesign | 2009-11-20 20:49 | Suggestion

念願の

e0023872_22273798.jpg
本日は所用をぶっちしてトレークの下見に随行させて頂きました。この「下見」で行なうトレイル探索や冒険的な行為全般こそが我がバイクライフの原点であり、ややもすると競技一辺倒になりがちだった頃に失いかけていた「ある感性」を呼び戻す、とても大事なライフワークであろうと思っています。

「ある感性」についてはまた今度詳しくやるとして、本日の午前中はとあるトレイルの悲惨な状況をパトロヲルし、お昼はナイスな場所を発見し、午後は薮に埋まったトレイルを開削して進むという、由緒正しきルーティン。その間、想い出づくりの天才がスパイスを盛り込んでくれたりで大迷惑満足。

画像はサントレ開拓の通勤路(?)にあったマヴイ山へ偶然に到達。この眺め、達成感!
今後もオフロード(色んな意味で)を愛していきたいと思う。
[PR]
by atkdesign | 2009-10-05 22:54 | Suggestion

Stealth Electric Bikes

e0023872_1129397.jpg
http://www.stealthelectricbikes.com.au/ via ちろ
[PR]
by atkdesign | 2009-06-17 11:38 | Suggestion

pretty things 2

e0023872_20363882.jpg
その風景は眼球にある水晶体を通過し、網膜で符号化され大脳皮質で視覚として認識された。 picasa
[PR]
by atkdesign | 2009-01-11 20:50 | Suggestion

pretty things

e0023872_20482592.jpg
何かだいじな事を伝えようと思った矢先、忘れた。


http://tiltshiftmaker.com/
[PR]
by atkdesign | 2009-01-06 21:16 | Suggestion

ガイディング小考

トレークのクロカン下見第2回目に随行しまして、いくつかのセクションをこさえてきました。通行止めや濃い薮のせいで難儀なとこもありましたが、額に汗して手ノコを振るってきたよ。参加者はきっと楽しんで頂けると自信アリ。クロカンは下見を2〜3回行って雨の場合、進行遅延、各種トラブルなど不測の事態に備えてプランを練り倒されてから開催されています。当日は俺もスタッフゥ〜の予定です。
e0023872_0554380.jpg

実はSUGO 2Days Enduroの観戦ガイドツアーを企画,実施している訳ですが,実施する理由としては不案内な観客を効率よく誘導して観戦を楽しんでもらうこと。オンタイムエンデューロについて理解を深めてもらい、裾野拡大を目論見としています。>>07リポート 
クソ寒い冬のコース開拓に始まりコースマップや各種ドキュメント制作を通して、競技会の理念に精通し,コースに対する熟知度合いはコース長、マーシャル長に準ずるくらいでないと、俺の思い描く観戦ガイドツアーは実現できなかったと思うし、これからもそうあるべきだと思っています。
e0023872_2214484.jpg

俺の考えるガイド役の条件として、●土地勘がありアレンジもできる。●競技会の全てに精通している。●要領良くわかりやすく説明できる。●責任感があり、現場対応力に優れる。ってとこかな。とにかくガイド役はずーっと心配しっぱなしである、とても疲れるのである。だけども参加者の笑顔があればこそ、その一点に自分の価値が求められるのがガイド役だと思うんだ俺は。(体言止め)

ところで今年のイーハトーブ・トレイルガイドツアーはいかがだったのでしょうか?もし去年と今年を比べて評価に差異があるならば、来年にムケてしっかりリカバリして欲しいものです。

そして今回08HTDEの観戦ツアーは競技中にルート(テスト区間ではない)に入るという。正直これにやや懸念を抱いています。ぜひ万全の安全策と優れたガイディングで成功を収めて欲しいと思います。
e0023872_2247183.jpg

ややもすると「ガイド」「ツアー」という言葉の持つイメージは、ホスピタリティの期待値が高いと思われ(料金とってればなおさら)そこいらへんの擦り合わせや責任範囲の確認等,その内容をツアー参加者と競技参加者(ルートを共有する者どうし)事前周知を蛇足ながらお勧め致します。
[PR]
by atkdesign | 2008-09-08 22:15 | Suggestion

どうぞおかまいなく

ブログとは鐘のない素人のど自慢大会みたいなもんだろう、ツボったら面白いし、不快な場合もあるけども、ならばチャンネルを替えれば良いだけなのに、「自己満足」と斬って捨てる輩がいるんだが、なんかピンぼけで的外れな気がしたんだがどうだろう。

そもそも日記の醍醐味を理解できない人に書く理由を伝えるのは難しい、だから俺は「アリバイ」を残してるとだけ言うことにしている。
読み返して心境や立ち位置の変化、過去・現在を確認し未来へ繋げていけたらいんでねーの?つまり自分の日記の一番の愛読者は、誰あろう自分自身なんだよと。
それで良いと個人的に思っている。

その時の関心事や読者に話題を提供したり、はたまた業務連絡に利用したり、スムーズな引継ぎを試みたりと様々な利用方法があるように、多様な役割機能と価値観でもってブログ界隈は展開されている。それぞれがんばって更新して欲しい。
やめたって一向にかまわんけど。
[PR]
by atkdesign | 2007-12-30 14:14 | Suggestion

水の底から

バイクを止めてなにげに水面を眺めると彼はそこにいた。
「よう。」確かに聞こえたんだ。
体躯からして生涯を全うして絶命したようにも思えるし、志半ばにしての無念の極みであるようにも思える。中途半端な水深でカラスに啄まれることもなく、カッと眼を見開いたまま川の流れに身をわずかに揺らしている。
俺は背に陽光を浴びながら、地上で生を謳歌と言うほどでもないが、生きている。

棲む世界が違うから。
カテゴリーが違うから。
考え方が違うから。

「違い」だけを取り出してレッテルを貼ったり優劣をつけたり。
なんか最近そういうことに辟易していたんだ。
既存の価値観や、思い込み、既成概念は川の流れのようなものなのか。
流れに身を任せるも良し、流れに逆らうも良し、淀みに身を寄せるも良し。

「違い」とはただ、「違う」だけだ。

1秒ほど彼と語り合い、踵を返した。けど戻って彼の勇姿を記録した。
忘れないように。
弔いにもなりゃしないが彼の道程をなぞるように海へハンドルを向けた。

海はなにもかも呑み込む巨大さでもって圧倒し、この星の丸みを示唆している。
さざ波は励ますように、慰めるように、無限を奏でていた、ような気がする。

>>Photo ※微グロ注意
[PR]
by atkdesign | 2007-12-24 19:41 | Suggestion

なんだかんだ

ここんとこ大気が不安定で急に雨が降ったりして一段と涼しさの増してきたみちのく仙台ですが、酷暑の続く地域の皆様におかれましては引き続きがんばれ。

e0023872_2245385.jpglifehacking.jpに記事によりますと、こんな催しがあるそうな。
「ある日、すべてのブログが同じ問題について記事を書いたとしたら、どうなるだろうか? 一つの議題、たった一日、数千の声をひとつにして・・・」

なかなか面白い企てだなぁと感心した次第。いろんな方面で応用してみてはいかがかな。

んー「環境」テーマやってみっかな、きっと表層的な世界はたいして変わらねども、勉強不足を恥じつつ色々調べて方針を立てるプロセスで内的なマインドの変化が生じて、共有知として繋がり感を得られたとき、きっと世界観が変容しうるのかもしれんなーと想像する次第です。ぴちょんは英訳を手伝うように。
参考:晴耕雨読「知識」ではなく「想像力」です
[PR]
by atkdesign | 2007-08-19 22:32 | Suggestion