ブログトップ

逆光

atk1.exblog.jp

<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

SUGO Pilot開拓2

藤原さん,Dr510,俺でジャルダン方面のコース予定地の目印付けを行なった。
遊具関係が撤去されて、ミニ木古内チックなマブイ地形が現れてきたよ、こりゃ楽しみだ。
先行する二人の後をついて主に記録を取って歩いたんだけども,やっぱGPSあると正確でいぃよな〜とか思いながらも地図読みできなくなるのもかっこわるいよなぁとも思う。
Nobiは気を利かしてGPSを俺に安く譲ってくるであろうことは、疑う余地もないんだが。。。
大体のコース全体像が見えてきた。去年を上回る楽しさを提供できるコースと確信したよ。
それに伴って作業量、実施可能日も見えてきたんでね,開拓DIARYのほうでアップして行くよ。
e0023872_2261382.jpg

画像は取り壊された旧冒険ジャルダン入口
[PR]
by atkdesign | 2005-10-31 22:07 | Motorcycles

トレイルメンテナンス

朝方、体調がすぐれないため予定のTSUKINUKEツアー(モーターサイクルの林道ツーリング)はキャンセル。あぁ、残念だが無理矢理走ると危険だし、ことTSUKINUKEツアーは競技以上の集中力と緊張感を要するんだ、長いしね。だから今回は潔く身を引いたわけですよ。参加のみなさんごめんね〜

ただ寝てるのももったいないので今日はトレイルメンテナンスをすることにした。俺が16歳の頃から愛用するトレイル高○山へ、ホントは刈り払い機があればラクなんだけども、準備や移動がマンドクセーし、人んちの山に機械でなんかするのって気が引けたんで、今回はあえて刈りバサミでトライ。あ〜植木職人やってた頃思い出して楽しかったな!けど疲れた〜!
e0023872_22112218.jpg

天然バームの手前が細くなってたんで刈り込んだよ。ただまっすぐ刈ったんじゃつまんないからこんなんなっちった。てへ(地形は変えてませんから! さ、みんなで当て込もう!)※当て込みはMTBでね。
パレナスXは当日入りだから、ちと3Dの練習すっかな。
[PR]
by atkdesign | 2005-10-30 22:10 | Trail Culture

ちょっと部品交換してみたよ。

ヤフオクでゲットしたFサスをモンゴーセ号に取り付けた。
シングルクラウンのチタンスプリング内蔵の真仁藤君は、うむ!イィ感じ。軽くてちょい硬め。思わずすぐ乗り回してテンションあげあげですよわ。e0023872_23504642.jpg
もともとデュアルスラローム用に作ったからアップライトなポジションとWクラウンフォークとD系ホイールがちと重かったんだけども、路線変更してちょいとXC風味に仕上げてみようかなと思いましてね、フッキーに軽量ホイールを予約してあるからそれ組んで、ステムを延ばして・・・あと手持ちのスピナジーにスリックタイヤ履かせておいてロードも楽しめるように・・・1台3態!!おトク感増大作戦だ。
そう、にりんくんに借りてるF800の影響ですよ。これで牡鹿も、鳥海も・・・なんてね。おっとその前にパレナス4Xがあるなぁ! さぁどーすっぺし?教えてかえる先生。
[PR]
by atkdesign | 2005-10-26 23:47 | Mountain bikes

接地面における美意識について考えた

今日は朝からTrek Field店長とクロカン下見に行ってきたよ。秋晴れの良い天気の中、いろんな気持ちの良いルートを行きつ戻りつ走ってきた訳だが,クラッチに依存する悪いクセがちょっとしたところで露呈し,無用に路面を痛めることがしばしばあった。先行する店長(SEROW+3分山TRタイヤ)はわずかなタイヤ跡を残すのみで、俺(WR250F+michelin Comp3)は助走のまずさからか、ついつい余計にアクセルやクラッチに力が入ってしまう。ただ素早く抜け出したいがために!!その全く無意味な行動は地面に溝となって記録されたわけですよ。ヤタラカッコワルクナイデスカ?コレ。
e0023872_2321504.jpg

今日店長と走ってみて感じたのは、俺はずっと競技目的でライディングしていたせいか,ある意味荒くなってしまったような気がしたんだよ。もっとはっきり言えばヘタになったような気がする、これは由々しき問題だ。バイクの性能はずいぶん良くなっているのにね。必要最小限の駆動力をコントロールして森の中を移動するって意外と難しく,美しいと思った。

とにかく今日の俺のライディングはTrail Cultureにおいてあまりにブサイク過ぎた。矯正する必要があると思ったね。なぜならいつまでもTrail Ridingを続けたいからであり、Trailを保護しつつ、Trail Cultureを啓蒙していかなければならないと走りながら思ったんだ。その定義についてはまた今度ゆっくりと。
[PR]
by atkdesign | 2005-10-24 23:24 | Trail Culture

雨中走行(再び)

e0023872_8344315.jpg仙台市民マラソン大会の先導をやってきましたよ。もちろんMTBでね。
担当は10km、雨の中スタート。いやートップの人早い!
3km,5kmのクラスと合流するとこがちと狭くて先導が塞がれそうになって焦ったけど、なんとか役割を果たしたよ。参加人数約2000人のわりと大きめのイベント、スタッフも多かったね。
役員マニュアル見たんだけども、長いことやってるだけあって、充実してました。
[PR]
by atkdesign | 2005-10-24 08:34 | Mountain bikes

まったり

e0023872_23272724.jpg

二輪工房佐藤さんにおじゃましましたよ。なっちゃんのお絵書きにみんなでつきあいながら美術談義?
[PR]
by atkdesign | 2005-10-22 23:27 | And more...

よし!出るぞ!!

イメトレしてください!パレ那須4X 11/6
中高年でも出場して良いかどうかわからんが、勉強させてもらいます!ダウン系の試合はひさしぶりだなぁ。ちょっと大年寺で練習しとくか!やっぱハードテールかなーでもジェミニの出番も作りたいし、ヒロは「ジャンプでゲシると吹っ飛ぶよー」とか脅すしで悩ましい。
あ、デバイスあった方が良いよなーそういえば在庫が・・ガサガサ(つづく)
[PR]
by atkdesign | 2005-10-21 18:13 | Mountain bikes

いまさらスティーブ・ジョブスのスピーチ

最近ノリにノッてるApple社のCEOさんのスタンフォード大学卒業祝賀スピーチです。前に幾人かにメールで紹介しましたが、ふと繰り返し読みたくなる良い内容なのでここでも紹介します。日経新聞の「核心」でも紹介されたようです。
e0023872_12103852.jpg
昨日の夕日は美しいを通り越して禍々しかったin 仙台
[PR]
by atkdesign | 2005-10-18 12:12 | Recommend

希望の轍 (05H.T.D.E)

最後の締めくくりとして、今年の日高に出場してみての感想を底辺ライダーの立場から書き留めておきたい。理由はそうすることで来年、より完成度の高い大会が開催されることを心から願うからです。

1.タイムコントロールシートの設定と運用について
a.DAY1は終日雨なのにBタイム、DAY2の晴れなのにCタイムは不整合を感じます
b.なぜ2LAP以降持ち時間が短くなる?疲労とコース状況の悪化を見越したら(略)
c.街中の移動区間は気象によって左右されないのでABCタイムでの時間増加は不要
d.全日本クラスは先にまとめてスタートした方が不公平感が少ないのでは?

2.エンデューロテストの設定とテイストについて
a.西山ETとはるゆきETでは試されるスキルが同じでは?ペンケ越えの方が(略)
b.佐々木ETよりも手前の岡春部川〜笹原の方がET向きだったような気がしました

3.コースマークとマーシャルについて
a.表示の法則性にばらつきがあり,河の中では数が少なく不安を感じました
b.マーシャルの存在が感じられず,コース上の問題も放置のように感じました
c.マーシャルはライダーを助けないまでも、完走に導くような働きを期待したい

4.メディカルについて
a.ケガをして本部に報告したところ、誰もファーストエイド知識がなかったらしい
b.紹介された病院に行ったら非常に対応が悪かったらしい(レントゲン使用不可)
c.こんな対応では家庭持ちのアマチュアには怖くて出られないと嘆いていました

5.エントリーフィーについて
a.他のレースに比べて高いのはなぜ?
b.収支決算報告は可能ならばやるべきだと思います。

全体的な印象として、昔の日高に戻った気がして複雑です。厳しいルートは持ち味であって否定しませんし、世界に通用するライダーの育成も重要なテーマだと思います。
しかし大会の存続を支えるのは一部のハイレベルライダーだけではありません。

より多くのライダーに満足感を与えつつ、スキルの優劣をつけることは可能です。それがオンタイム制のメリットのひとつではなかったのでしょうか。完走率の著しい低下は主催者側の設定ミスも一因に考えられます。それらに対する信任は、必ず今後のエントリー台数に現れると私は考えます。

具体的にはルートの2way化、タイムコントロールを技量ごとに分ける、または併用などが考えられます。実際にSUGO 2Daysではできています。(こちらの目的はオンタイム制の教育・普及なのでFIMスタイルにコダワル日高に適用できるとは限りませんが)

私の指摘に的外れなものもあると思いますがお許しください。日高ファンとして、今後の発展を祈念して終りにします。  さようなら日高、また会う日まで。

追記:完走したライダー達に最大限の賞賛と、開催に漕ぎ着けたスタッフ達に最大限の敬意を表します。そして希望の轍で繋がりあった全てのライダーとの限りない連帯を信じて
e0023872_11133139.jpg

[PR]
by atkdesign | 2005-10-16 08:14 | Suggestion

絶望の轍7 (05 H.T.D.E)

草原に向かう細い登りのトレイルはやはり荒れていたよ。まずコーナー登りの溝で捕まる。もう少し堪えてイン側の棚に乗りたかったがリヤが流れた。ここは道幅が狭くアウト側は薮崖だ。慎重に後退していると河原でお世話になったCRFの人がやってきた。俺が邪魔で抜けないらしく、すかさず助けにきてくれる。ありがたやありがたや。恐縮の極みでごぜます。(俺はこんなキャラではなかったはず)
e0023872_113613.jpg

んでしばらく進んで2本の轍の選択に迫られる。右は緩やかに登りの深めの轍、左は浅い溝だが段差があり木の根が露出している。疲労が右にハンドルを切らせた。・・スタック。思わず笑いがこみ上げてくるほどダメだ。手慣れた手付きで後退し,なんてことなく左を通過。もはやバイクを操っているとは言い難い。草原に出たらきれいな景色が広がっていた。心が洗われながら2コ目の丘へ,正規ルートが使えずに迂回ルートになっていた。かえってムズイんでは?と思いつつ下山し森へ入ったところでまたまた轍の2択、どれも泥水が溜まっていて判別がつかずエイやで進入,ずっぽり嵌った。またもオーバーハング轍、これはもうどうにもならない。さんざん手を尽くしたが微動だにしないので後続を待つことにした。もう無理だ,ここが俺の墓場だな。
森に抱かれてじっとして体力を温存する。そういえばマーシャルの姿って見たことないなと思いつつ,今にもクマが出てきそうな予感がして恐怖。時計は14:30をとうに回り、俺の持ち時間はなくなり失格となった。自力で帰ることのみ考える。なんとしても協力者をゲットせねばならないが、待てど暮らせどこない。。やっとGasGasEC250の人が来て,予定通り嵌ったので協力しあって脱出成功。岡春部川のヤチを抜けて佐々木ET手前で舗装路に出る。この先はキャンセルして舗装路で帰ろうと決めた。途端に大雨が!!交通整理員に道を聞いて走っていると,あれ、階段落ちに向かうルート発見。たいした難所もないから寄り道する。最後は右左橋TCでタイムカードを渡してリタイヤ宣言 O W A T T A .ちなみに68分遅れ(豪快)
ピットに戻ると雨は上がり全員リタイヤの様相、沈痛な雰囲気だけど、大方無事で良かった。結果よりこれまでの過程で学んだことを大事にしようと思う。一応これでレポートは終り。H.T.D.Eに対しては疑問や提言があるけど、それはまた今度。

追記:今回の結果(リタイヤ)を招いたのは私自身のスキル不足に起因しており、主催者には何ら関係はございませんことを念のため申し述べておきます。
[PR]
by atkdesign | 2005-10-13 01:20 | Motorcycles