ブログトップ

逆光

atk1.exblog.jp

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Perfect Routine

e0023872_173481.jpg週末は懸念されていた台風もそれて良い天気に恵まれましたね。私も多くの人と戯れることができて大変楽しゅうございました。今さらですがまた日焼けしちまいました。
今週はてけてけ氏、さんざい氏との会合もあり、なんだか通しで楽しかったような。

0923昼:クロカン予備校+のスタッフ オフバイクにおける最重要イベント
0923夜:Flo-x送別会in韓一館&カラヲケあみぃ あぁ、唱っちまった・・
0924昼:高舘山Trail by MTB そろそろメンテ計画をたてようかなと。
0924夜:ふくろうの森 やばい、読む本がなくなってきた・・
[PR]
by atkdesign | 2006-09-25 01:34 | And more...

あと100日もすりゃ・・・

e0023872_823845.jpg粉雪が舞う季節。
雪は夏の地形を単純化し、魅惑的な造形を伴って谷底へ誘う。
山頂-15℃、風速10m、ガスが一瞬切れて光る海が見えた。
やがて雪は溶けて川から海へ注ぎ、そして雲となり季節は巡り、また雪が降る。
大いなる自然、大気、巨大なる循環を突然、理解する。生命が,この星が愛おしい。
結晶化した白い粉と空気を含んだ、冷たくて柔らかい幻の地形に身を投げ出す。

スピードと浮遊感でアドレナライズされた魂は求める、スリルよ!!
本能と計算が激しく入れ替わりながら、ひたすら快感を求めて落下していく愉悦、やめられまへん。

icon5の試写会なるものが各地方で開催されるらしいので、各人はチェッキングのこと。 あ〜道具リフレッシュしたいなぁぁ〜(結局物欲)
ebisfilms
[PR]
by atkdesign | 2006-09-21 00:14 | Snowboards

条件付き同意

e0023872_37555.jpgIMPACTのお笑いトーナメントでアイパー滝沢が3位だった。結論としては納得がいかない。893の数え歌フルバージョンが聞けたのは誠に嬉しい限りだったが、いかんせん滑舌が悪く聞き取りにくい上に内容がアレなので、分かりにくい印象を受けやすいんだろう。
決勝戦の2組はネタ切れなのかgdgd気味だったのが不満をより増幅させたかも知れない。
組み合せによるアヤもあるし、ネタが良く練れているだけに残念。
従って結果は同意とする、但し決勝の内容が悪い場合は繰り上げ有りルールを検討のこと。

余談だが条件は出されるより出すほうが気持ちE 
[PR]
by atkdesign | 2006-09-19 03:10 | And more...

アクセス御礼

ここんとこやたらとアクセスが上がっているのは、かのSNSからの流入だけでなく、ホッピー氏のサイトでコメントを受け付けていて、その中でどういう意味合いでのリンクか分からんけども張られているのが原因と理解した。

ホッピー氏が今回勇気を持ってこの話題を取り上げてコメントを募集した事はとても意義深いと思います。市井に氾濫する商業雑誌ではできないし、取り上げもしないだろう。なぜか?儲からないからである。でもそれを責める気はさらさらない。

では名うての本格派文筆業の御仁達はどうか?相変わらず言葉遊びに耽っている。まるで他人事のように、遊離したかのような視点で忘れた頃に思い出話のように語り出す。すばらしい、それでこそ本格派。金にならない文章は発表の価値すらないのだ。しかるべき立場と報酬を求めてこそプロだ、参考にされたい。

Trail Cultureは、とあるバイク好き一般人の「あくまでも極私的な取り組みの一端」であり、間違ってもただ単に真似したり、参考にしないで欲しい。「自分にできる方法を考える」姿勢や態度を見直すきっかけになれば、それで十分だと思っています。いわばチラシの裏に書いた文章を電柱に貼ってあるようなもんです、気にしないでください。思い当たる事があれば気にしてもらっても構いません。お代はいりません。

件の動画のリンクはしません、なぜならあまりにも情けない内容だから(色んな意味で)このブログはMCにどっぷり浸かったパラノイアばかりが見ている訳ではないのでやめときますよ。どうか察してやってください。
しかしあの番組のおかげでトレイルに対するリテラシーがほんの少しでも向上するのなら、悪い事ばかりでもないような気がします。
[PR]
by atkdesign | 2006-09-16 18:24 | Trail Culture

シヅるCM

e0023872_4322785.jpg
http://www.apple.com/ipodnano/ads/

※要QuickTime7(見れない場合は下にある黒いバナーをクリッコ)

自分用メモ H.264 1670万色 AAC stereo 44.100KHz 23.98fps 30.32sec

S--------1531.55kb/s 320x240px 5.53MB
M--------1993.74kb/s 480x360px 7.20MB
L---------2519.88kb/s 640x480px 9.10MB
HD-------2541.48kb/s 848x480px 9.18MB
[PR]
by atkdesign | 2006-09-13 04:36 | Recommend

ZXR-110という青春

e0023872_233456.jpg最近老いと飽きにやられ気味の俺にピコーンとくるニウスが。新しいんだけど、どこか懐かしい感じがしてます。
画像は96~8年頃乗っていたYZ80+XR100のニコイチZXR-110。いわばキャプテンハーロックにおけるアルカディア号といったところか。ちと昔を思い出しあの頃はYo!俺もYo!とかってずらずらと思い出話や自慢話でも・・と思ったけどマンドクセのでやめた。コスモ・ドラグーンをぶっ放したい気分だぜ(意味不明)

それよりも、今後この新開発されたE/Gをどのように活用していくのかが気になる。例えばとりあえずAPE150なのか、Ihatove150はどうだい?なんてね。E/G単体重量が気になる。150ccだとアレだから125ccにストロークダウン?くれぐれもフレームとヘッド周りのクリアランスは多めにとっといてねぇ〜!とか妄想が膨らむ〜
YAMAHAもきっと出すだろうからそっちも注目かな。
[PR]
by atkdesign | 2006-09-08 03:29 | Motorcycles

Day by Day

e0023872_62375.jpg

今朝の雲はなかなかアートフル、消失するまで眺めていました。
[PR]
by atkdesign | 2006-09-06 06:31 | And more...

Various Landscapes 5

e0023872_16284072.jpg06HTDEが被災で中止になった件は、心からお見舞い申し上げるとともに、次回に向けて盤石な体制を更に醸成する期間を得たと、むりくりプラスに捉えられたい。

ところで05HTDEの収支が発表されてたんだけども、構成比とか名目を見てると、まぁ、色々大変だなと思った。でもこれは金額ベースであって、かかる作業時間や人工はクローズされているのでごく一面だけれども、苦しい状況は十分伺える。

お客様視点からは生臭く感じるかもしれないが、競技会の内情をできうる限り公開する事で、それぞれの立場(当事者目線)で存続を望むならどうすれば良いか考えるきっかけになれば良いなと思います。なんせニッポンを代表する競技会ですから。

とか言いながら今回エントリーしてなかった俺なんだけども、それには訳があって、あのトレイルの荒れっぷり、尋常でない溝の深さ、いくら競技会とはいえ地権者はこれほどまでと予測していたんだろうか、修復にはどんだけ手間とお金がかかるのか、そういう想像ができるほどがっつり嵌ってた訳だが、とにかくこれ以上地面を痛めつけて前進する意義を見いだせぬほど、何かが萎えちゃったんだよな。

「じゃ辞めれば良いのでは」という思考停止や「大自然の猛威に比べれば人間の所業なんざ」という詭弁はこっちにおいといて、考えうる限りの実践方法を模索してみた結果、案外安い投資とシチュエーションの切り分けで解決するんでないかと。
許容レベルが千差万別だから概念的なんで、あくまでイメージてことで。

1.リアタイヤをトライアルタイヤに規制する。(12.000円ぐらい)
2.デリケートなトレイルは下りと平地でのみ使用する。
3.上りはガレ場、沢底、枯れ川、盛り土、人工地形など使用する。
4.2.3を林道、伐採道、草地など固い路面で繋いで掘れない設計を考える。
5.ついでに競技中の燃料使用量も規制すっか!(まぁこれはまた今度)
きっと机上の空論とか言われそうなんで、賛同者を募って検証してみたい。
ライディングの愉悦は組み合わせの妙で、コース長だけではないと思う。

他にもいろいろある、杭打ちも大変だしコーステープもゴミの元だから、なるべく安全性を損なわずに減らせる工夫はないものかとか。
オンタイム競技の計測・集計システムも正確で安く使えるようにするためには、どの分野からどんな流用ができそうなのか、これからもちょくちょく考えたい。やらせてもらえる土地がいつまでもあればのはなしですけども。

世界に先駆けて、21セーキテキ(この切り口はアレだが)色々と配慮しまくったエンデューロ競技を発信できたら面白いと思った週末の午後(近所の高校が学祭でうるさい)

    おわり   文責:かえる先生
[PR]
by atkdesign | 2006-09-02 16:31 | Suggestion

Various Landscapes 4

e0023872_1484511.jpgイベント消費、疲弊する主催者、なんとなしの違和感まで述べた(気にしないでケロ)
だから参加者はたまには主催者側に回ってみろッコノと言っている訳では全然ないけども、いっぺん経験してみるのも良いかも。適性ってあるんだよね。

待望されるイベント形式として注目されているのがスクール+FREE RIDEてのが挙げられるんだけど、もっとたくさん開催して欲しいな。
どう考えても待ち望まれていたとしか思えないんですが、どうでしょう?

ネックはスタッフが多くなりがちなとこだけど、ツートラ形式で3〜5人のパーティで回らせ,先導役はエントラント側にお任せし、コーチは午前は各所で詰めて午後はマーシャルとか。要所でサイン・イン/アウトで管理できれば人手をかけずに安全な運営を実現できそう。エントラント側にもある程度パーティごとに運営意識を持って参加してもらえれば可能でないかなと思っています。ルールの事前習熟と危険負担の説明が大切だと思います。

ルートは8ループにして交点にPit兼CPを設けるのが効率がよろしかろう。
イベントとしての一体感を出すためにみんなで最後にスペシャルテストでもやれば、まとめっぽく盛り上がったりして良いのではないでしょうか。
非競技的なイベントはこれまで運営の難しさ(ていうかやった事ないだけ)で、おざなりっぽかったので、力を入れて行くべきだし、やがて腕試し的なアプローチで既存のエンデューロ競技に吸い上げていくようなストーリーを主催者は持って欲しい。エントリーフィーの低価格化もよろしくお願いしたい。

既存の競技イベントはシリーズ化、ポイント化、クラス別表彰とかでモチベーション維持装置として機能してそうだけども、更なる付加価値upも必要でないかと。
一部フィーに見合ったサービスができていない競技会もあるんでわ?
最近見かけるPhotoアルバムは良いね、主催者はカメラマンにギャラを払う価値あると思うな、参加者にはもちろん無料ダウンロードで。カッコ良く撮ってもらえると相当に嬉しいもんです。俺なんか写真目当てで出場するやも知れません。

リザルトデータも結果の序列だけばさっと渡すんじゃなくて、毎周回ごとの所要時間や順位をグラフや図形で表したり、任意の選手と比較できるデータサービスがあったら、後々楽しめるし(悔しい内容ならば)次に繋がるんではと思われます。
最初は.Xlsデータの配布でもいずれはWebサービスになると格好よろしい。
参加者はリザルトマニア(数値依存症)の人たちばかりではないんだけども、結果に至る過程を残してくれるサービスが欲しいなと思った次第。

とりとめもなくgdgd述べてますが、アイデアがもうひとつあるんだ。

  つづく
[PR]
by atkdesign | 2006-09-02 01:53 | Suggestion