ブログトップ

逆光

atk1.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いいぞぅ

e0023872_1745484.jpg
重パウは若い衆が率先して踏み固めておいてくれー
[PR]
by atkdesign | 2007-12-31 17:56 | Snowboards

どうぞおかまいなく

ブログとは鐘のない素人のど自慢大会みたいなもんだろう、ツボったら面白いし、不快な場合もあるけども、ならばチャンネルを替えれば良いだけなのに、「自己満足」と斬って捨てる輩がいるんだが、なんかピンぼけで的外れな気がしたんだがどうだろう。

そもそも日記の醍醐味を理解できない人に書く理由を伝えるのは難しい、だから俺は「アリバイ」を残してるとだけ言うことにしている。
読み返して心境や立ち位置の変化、過去・現在を確認し未来へ繋げていけたらいんでねーの?つまり自分の日記の一番の愛読者は、誰あろう自分自身なんだよと。
それで良いと個人的に思っている。

その時の関心事や読者に話題を提供したり、はたまた業務連絡に利用したり、スムーズな引継ぎを試みたりと様々な利用方法があるように、多様な役割機能と価値観でもってブログ界隈は展開されている。それぞれがんばって更新して欲しい。
やめたって一向にかまわんけど。
[PR]
by atkdesign | 2007-12-30 14:14 | Suggestion

こそっとRIDE

ヌァトゥリ・リバー流域はお日柄も良く、走り納め日和って感じでしょうか。
昨日はたっぷり雨が降っちまったんでお山はデリケィトってんで遠慮、河原には楽しいマイノリティ連中が集っておりました。 >>Picasa

俺は魚の骸と語り合ったりして、なんとなく有意義な一日。
[PR]
by atkdesign | 2007-12-24 21:06 | Motorcycles

水の底から

バイクを止めてなにげに水面を眺めると彼はそこにいた。
「よう。」確かに聞こえたんだ。
体躯からして生涯を全うして絶命したようにも思えるし、志半ばにしての無念の極みであるようにも思える。中途半端な水深でカラスに啄まれることもなく、カッと眼を見開いたまま川の流れに身をわずかに揺らしている。
俺は背に陽光を浴びながら、地上で生を謳歌と言うほどでもないが、生きている。

棲む世界が違うから。
カテゴリーが違うから。
考え方が違うから。

「違い」だけを取り出してレッテルを貼ったり優劣をつけたり。
なんか最近そういうことに辟易していたんだ。
既存の価値観や、思い込み、既成概念は川の流れのようなものなのか。
流れに身を任せるも良し、流れに逆らうも良し、淀みに身を寄せるも良し。

「違い」とはただ、「違う」だけだ。

1秒ほど彼と語り合い、踵を返した。けど戻って彼の勇姿を記録した。
忘れないように。
弔いにもなりゃしないが彼の道程をなぞるように海へハンドルを向けた。

海はなにもかも呑み込む巨大さでもって圧倒し、この星の丸みを示唆している。
さざ波は励ますように、慰めるように、無限を奏でていた、ような気がする。

>>Photo ※微グロ注意
[PR]
by atkdesign | 2007-12-24 19:41 | Suggestion

額装2点

e0023872_0375140.jpgお引っ越しとはいえ長町から旭が丘では旅情もありませんけどね、案外と思い出の品の類いが堆積しておりましたんでそのへんをまとめてみた例と言えましょうか。
とある年代やお気に入りのみを取捨選択し、ジャージをバックにえいやとパネルに貼り込みしばし鑑賞、ちょちょいと修正して額を嵌めてみただけ。あとでまた修正するかもしれんね、それもまた面白そうだ。
思い出ってのは心に宿るものでモノに宿ってる訳ではないと思うんだわ。だから思い出の品をめいっぱい綺麗にしてやり、写真を撮って、捨てた。おかげでだいぶすっきりしたよ、垢擦りしたてみたいに。


e0023872_0532374.jpgコチラはおなじみSAIさんの若い頃に描いた油絵を50円で売ってもらったんだけど、なかなかどうしてアーティスティック。木枠がぼろぼろだったんでサンタロットさんで相談にのってもらいました。
キャンバスも自作だったらしく寸法がナニで形もアレなため、かつ頭上の背景を被せ枠で隠したくないので、キャンバスを枠の内部に浮かせるようにカスタマイズしてもらいました。まぁ、画が浮き立ち剛性も上がって、しばらくは安心。でも画の眼光が鋭すぎて部屋に飾るとちょっくらしんどいので、たまーに鑑賞することにしよう。観たい人がいたらコメンチョ欄にアクセス!

こんど部屋の壁に一畳くらいのイマジネーションを刺激するような抽象画を飾りたいなぁと思い、せっかくなんでちと描いてみっかな〜みたいなこと考えてます。
油絵に限らずフォトショやコラージュ的なのもアリかな〜とか。
[PR]
by atkdesign | 2007-12-22 01:15 | Recommend

ほほぅ

e0023872_1902683.jpg
チャネスポーツさんより引用させて頂きました。
[PR]
by atkdesign | 2007-12-20 19:12 | Motorcycles

ここんとこ

e0023872_205699.jpg

拠点移動に伴いテレビもネットもありませんけども、たいして不便でもないんだね。
[PR]
by atkdesign | 2007-12-18 20:56

けしからん手紙

拝啓 北の編集長殿

忍び寄るシベリア寒気団の南下を待ちわびながらもおののく師走の候、貴殿におかれましては益々ご健勝のこととお察し致します。

国内外のオフロードモーターサイクルによるエンデューロ競技の取材と参加に飛び回り、迫真の記事を毎月ご提供頂けるのは同じフリークとして幸せの極みであり、心の支えであります。反面、エンデューロの形骸化を懸念する声もアッタリナカッタリでひそかに盛り上がる(?)シーンではございますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、昨今困った表現が私めを悩ませております。それは貴誌の砂漠または砂丘(デューン)を疾走する際のフィーリングがパウダァスノーのライディングとの疑似性を唱える記事が最近、富みに見受けられることです。ここここれはいかがなものか、けけけけけしからん!と思い筆をとった次第であります。

あたかも砂漠は年中パウダァがあるぞぉぅ、いぃぞぉぅ。(大泉洋の口調で)みたいに、パウダァライディングの愉悦と中毒性を知る人間を狙い撃ちするような魅惑的な表現で、まるで勧誘するがごとく、シズル感たっぷりの写真を付けあわせるのはいかがなものか、心をかき乱され動揺するコチラとしては、せっかくモーターサイクルとはいい感じの距離感でつき合えそうなこの折に、パウダァで融合してどうする!いやむしろ和合と言えるかもしれん。。。そんなことはどうでもよろしい! ともかく心より伏してご勘弁頂きたいのであります。どうか私を唆さないでくださいまし。

貴誌の読者層を鑑み、デューンライディングと艶男(アデオス)必勝モテ★テク等と絡めてエロティカル方面に振ってはいかがでしょうか、おそれながらご提案する次第であります。
差し出がましい苦言を呈したりして申し訳ありませんでした。バカボンのパパと同い年になると言うこともあり、どうかご容赦くださいませ。

寒さも厳しさを増し、ドライパウダァを期待しつつ、くれぐれもご健康に留意ください。  敬具
[PR]
by atkdesign | 2007-12-13 22:34 | Motorcycles

Pick up anything

e0023872_1924165.jpg

訳あってピックアップをちゃいして乗用車に乗り替えるんですよ。
あぁなんか、こう、まぁいいか的に。遠征の時は誰か載っけてってくれー。
あとわー、そうさのぅ。。。筆が進まんなぁ。  じゃ、とりあえず。。。

ブラズシアク... 恐ろしい子!(白目)

・・・違うか。
[PR]
by atkdesign | 2007-12-12 19:28 | And more...

週末まとめ 見物編

ライブ「ブルー・スリー大会」を見物に福島県は郡山市におじゃましました。
対バンのいくつかに目を見張るアクトがあり、お得感ありました。
メインのブルー・スリーのVo.ベイビー佐々木氏は同い年とは思えないパフォーマンスを見せつけられ、うむ、俺もがんばらねば!と励まされた模様。
アテンド頂いた怨念ちゃまアリガトゴゼマシタ〜
e0023872_2346451.jpg

齋 悠記 個展「Lylic」が仙台メディアテーク近くのギャラリーで開催されました。
SAIさんの娘ちうこともあり、全力でご挨拶させていただきました。
抽象芸術は分かりにくい印象があるやも知れませんが、題名をちらりして視るでもなく眺めるように、またはぐぐっと寄って筆致に目を凝らして観察したり。己が感づるままに想像したりして楽しめば良いと思いますがいかがでしょうか。俺の場合はかなーり癒されましたよ。

「考えるな、感じろ。」ブルース・リー
[PR]
by atkdesign | 2007-12-03 00:02 | And more...