ブログトップ

逆光

atk1.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

P.Y.T (Pretty Young Thing)

e0023872_18415825.jpgあいにくの空模様続きですが、物思いにふけるには絶好と言えなくもなく、そんななか小さな嬉しい事があるといつにも増して喜ばしく感ずる事ができる。ハッピーさ加減の総量は常に一定であり、様々偶然バランスをとりながらアンハッピーと均衡しているような気がします。
●hrk氏のCharge Bikeがやっと納車になった模様。また一緒に走れるのだな、楽しみである。
●tnzリーダーがうっかり29erを購入した模様。8/30猿倉一緒に走るすぺ。
●なにげに夜中、ワンセグをみたら清志郎が唄っていてびっくり、なにやら追悼番組のようで、あぁやっぱり本当に逝ったんだなと再確認し目頭が。制作者の清志郎の好きさ度合いが分かる内容だった。
●我がマイミクに、なんと!セイント・ヂョーバンギ学園のスチューデンツが!お前ら激しく動揺して欲しい(自慢)メトロポオルにはどんな出会いが待ち構えているか分からない。

たつおアニキの真似して貼ってみた。たまに無性に聞きたくなる曲でゴゼマス。
[PR]
by atkdesign | 2009-07-30 19:31 | And more...

FX Bikesに動きあり

e0023872_23292690.jpg
http://fxbikes.blogspot.com/
なにやら工場が決まったとかなんとか。。台湾だったら良いんだけども、中国だったらがっかりだな。過剰な期待をせずに見守りたいところ。
いずれにせよ完全なプロダクトというよりは改造素材として注目してます。
[PR]
by atkdesign | 2009-07-26 23:39 | Motorcycles

鬼首

e0023872_116255.jpgGトラ鬼首大会のコース開拓にお邪魔しました。THE DAYを予感させる素晴らしい天気と快適な気温でした。大好物なコケ沢に入ろうかと言う所でバイクが不調になり修理、今回はおあずけとなりました。ちと体調不良もあり天啓であったかなとも思われ。

e0023872_1164113.jpg名物の川渡りルートは思いのほか増水でスペクタキュラー、水は冷たく清らかでありますが、深く、早く!誠に恐ろしかとです。久しぶりに逆さバイクを見る事に!このあと昼食を挟み、1列縦隊でトレイルの草刈りを1本行ないました。

e0023872_1165827.jpg本日はひょっとすると本大会並みの人数となり、諸先輩にはたいへんお世話になりありがとうございました。一部の初参加ヤングマンには衝撃的な一日であったようですが、これらをきっかけにイベント参加や活動の輪が広がる好循環に繋がって行けば良いなと思いました。

追記:赤間シェンシェイのありがたい本日の所見コメント(ダイジェスト)
「え〜〜、先日娘が彼氏を連れてきまして、私にヨロシクオネガイシマスなどとのたまい、激しく動揺〜(中略)〜結局一発殴らせろとは言えずじまいでして~(中略)~とにかく私は足の長い野郎はキライですっ!(だいたいこんなかんじ)

我々若輩どもはとにかく先輩の愛娘に手を出してはならないという事を足を短くして聞き入るのでしたっ!(めでたしめでたし)

picasa
[PR]
by atkdesign | 2009-07-20 23:59 | Motorcycles

きになるニウス

浅草寺境内 敷石の怪 via東京新聞 >>夏向けですなぁ。

スコルパ再建断念 via自然山通信 >>よしわかった、俺が!という人募集。

BIG TANKサイトの件 via泥沼日誌 >>おのおのがたチェケラッチョのこと。
[PR]
by atkdesign | 2009-07-16 19:39 | Motorcycles

ハヤクユキフレ

『Signatures』
[PR]
by atkdesign | 2009-07-15 00:27 | Snowboards

SLACK LINES

e0023872_1921947.jpg
ゆうゆう館にて体験してきました。 SLACKLINES
輸送で使うガッチャ(荷締め器)と同様ですが、長さの点で共用できぬとのこと。
綱渡りの要領でロープよりもラクなんでしょうが、なかなかどうして難しゅうございます。飛び跳ねるなんざ夢のまた夢で、2,3歩進んでは墜落します。キャンプサイトに張って、みんなでやると盛り上がりそうですね。どうですかお客さん!
[PR]
by atkdesign | 2009-07-13 19:37 | And more...

いやされろ

e0023872_2072550.jpg
「日々の音色」yooouuutuuube版
[PR]
by atkdesign | 2009-07-08 20:08 | And more...

かわいい

e0023872_1938196.jpgメヒコ情報にてあくまでロバ目的で輪王寺を探訪。
まぁ待て落ち着け、その前に立派な日本庭園があるらしいじゃないか、しかも300円徴収するとな。植木職人だった頃を思い出しつつちょっくら拝見、なかなか見事な庭園ですが窮屈な印象、木々をもう少し工夫して小さく挟みたいところ、余白が少ない空間バランス。

本日はお茶会が開かれていた模様で和服のおねぃさんがちらほらと。夏色のお召し物がとても素敵。でも一席終えた後、座を崩して足を揉んでいる姿がかわいい。
池には立派なリアル錦鯉がうようよ、これはゲットンすべきでない。近づくと「餌くれよぅ、おぅ早くしろ」と押し合いへし合いいとキモかわいクナイ。
園内にはうぐいすの鳴き声が響き渡り、幸運にも木陰のうぐいすを発見、あの小さな身体からあの大きな鳴き声、美しい音色が奏でられるのか不思議、縄張りであろう園内を巡回する様がかわいい。

やっと一巡したのでいよいよロバ公エリアに近づくとものすごい勢いで鳴いている、発情期なんだろうか。小屋を見ると一匹近づいてきて横目で値踏みするように一瞥し、餌を所持してないと見るとプイッと裏庭へスタスタと、なるほど小憎らしい。奥になんともう一匹!お得な気分でしばし腰掛けて見入っていました。競走馬のような勇ましさはないけれど、犬ネコのようなへつらいもない、このロバ的なロバ感。かわいい。なんとなく感じ入るものが、あったようななかったような、そんなかわいい休日だったとさ。 picasa

その他メモ
●トレークとうちゃんが学生の頃参道脇に下宿していたそうで、その頃はぼろっちくて、山門にバイク突っ込んで止めていたとか。
●にりんくん情報によると代が変わってからこぎれいになってきて、いろいろな活動してるんだって。お寺の下にトンネルを掘る計画があるようです。
[PR]
by atkdesign | 2009-07-05 20:22 | Recommend

いまさら書評

e0023872_2104516.jpgロバと歩いた南米アンデス紀行
中山茂大 著 1998 ★★★★
あるポンコツ野郎が大学を休学しロバと南米方面を歩くルンペン旅日記。

ロバをゲットンするまでのくだりで引き込まれ、その後はやれ暑いだの寒いだの繰り返し、行く先々でどじょっこだのふなっこだの現れてストーリーをメイク。

ありきたりに思われましょうが、後になって効いてくるロバとのやりとり。あの懐かしき文字通り「青臭い」青年期の考え方とそのすべてが共感を誘い、ロバへの憧れと愛おしさで旅が終わるその様は胸を打ち、読後懐かしい汗と埃にまみれた寝袋にくるまるようなせつない心持ちにさせられる傑作。椎名誠も太鼓判。

惜しむらくは写真が少ない。一章ごとに一枚くらい貼ってくれても良かろうに。
きっと著者は絵心がない訳でもないが、どれも同じような写真だったんだろう、それもよく分かる。俺は今、猛烈にロバに会いたい衝動に駆られています。とりあえずココココ行ってこようかな。。触れ合えるのは後者かもしれん。だからなんだと言われても困るんだが。

読書はいつもおもしろエッセイやまめちしき系実用書が多かったんで、紀行文てずいぶんと久しぶりだった気がします。これを機にちょっと読んでみたいんで、あなたのお薦めあったら教えてケロ。
北の編集長、このたびは進呈頂きどうもありがとう、次に読みたい人いたら挙手。
[PR]
by atkdesign | 2009-07-02 21:50 | Recommend